現在、動画サイトなどで「パルクール」もしくは「フリーランニング」 と検索すると、
沢山の動画が出てくると思います。

パルクール
PK)、フリーランニングFR)、
エクストリームマーシャルアーツXMA)、
トリッキング
エクストリームタンブリング


これらのタイトルやタグなどで表わされていると思います。

簡単にそれぞれを説明致します。


 パルクール フリーランニング

 一昔前ですと、パルクールは移動のみ、
フリーランニングは宙返りも含む競技、と分けて考えられていましたが、
現在では同じものと考えるのが主流のようです。

 身体ひとつで、いかに街の中を素早く
移動できるか、というのがこのスポーツ
 実践者の間では、「己を磨くための方法」、「芸術」、
「哲学」のひとつといった様々な捉え方をされています。

 障害物を乗り越える動作、Vault(ヴォルト、もしくはボルト)や、
Flip(フリップ)と呼ばれる多種多様な宙返りを連続的に駆使して、
且つ流れる様な動きで繋ぐと、Flow(フロウ)と呼ばれ、
そのような動きのできる実践者をTraceur(トレーサー)と呼びます。
まず第一に鍛え抜かれた肉体を持つ事が必須となり、
無謀なチャレンジや、第三者に不快感や危険を与える様な行為は好まれません。

 所詮、迷惑なストリートスポーツという意見もあるが、
実践者の多くは周囲や地域との協調を望んでいます。

 現在、日本でもパルクール&フリーランニングのネットワーク広がりつつある。
各地で練習会や実践会が行われ、実践者が一丸となって環境を整えようとしている。
 海外のトレーサーには、日本の忍者のイメージに憧れるトレーサーもいるようです。


 エクストリームマーシャルアーツとは、
 映画などのアクションシーンでよく登場する、
アクロバティックな蹴り技中心の格闘演舞のこと。
実際に打ち合う試合があるわけではなく、
どれだけ高度な技が連続的に繰り出せるか、
といった
演武的な要素が強い
 トリッキングとは、
エクストリームマーシャルアーツとかぶる部分が多いが、
格闘技のバックグラウンドを持たず、
宙返り要素を好む実践者の割合が比較的多い。
ブレイクダンスのバトルの様に、交互に実践し、
オーディエンスや審判の評価によって勝敗を決するタイプの大会が開催されている。
 パルクールやフリーランニングのように「移動」の要素は無いが、
鍛えられた肉体から繰り出される高度な技の数々は非常に魅力的である。

 エクストリームタンブリングは、
 野外で宙返りをはじめとしたアクロバットをする事を差す
器械体操経験者も多く、
コンクリート上、芝生、砂浜等、
本来、器械体操では使われない跳ねない床を用いて高度な宙返りをする。
日本では実践者はほとんど見かけない。




 これらの競技が混同される理由として、
共通の技が多くある事、
練習や競技に必要な環境が似通っている事、、
競技者が複数のジャンルにわたって実践している事が挙げられる。
 実際、
Butterflyメンバー内ではパルクールフリーランニングが主流であるが、
例に漏れず、XMA、トリッキングやブレイクダンス、器械体操など、
複数の競技を実践しているメンバーがほとんどである。



 
(゜Д゜)パルクールってなあに?
 ここでは一般の方や初心者にはわかりにくい、
混同しやすいスポーツの違いをなんとなく説明します。
あなたのスポーツライフのお役に立てれば幸いです。